「FURY」を見た。

個人的にクエンティン・タランティーノとかを蔑んでいる人間なので、「ナチスドイツを悪者にしてそれで済ませている映画」ではない、というところがリアルで良いとは思う。米軍がひどいことしまくり、っていう描写が多々ある。
まあブラッド・ピットの演じてるひどい上官がわりと如実に象徴的な存在にはなっている。

まあ第2次大戦はそういう戦闘が多かったよね、ってことでもあるかな。

ただ、「アメリカン・スナイパー」を見た後だと、すごく雑に感じる。
まあ描かれている時代が1940年代なので、当然といえば当然だが…。

「戦争のはらわた」とかのほうがおすすめできるかな? (邦題がひどすぎるけど)

曳光弾とかのビジュアルはかっこいいけど…。土に当たった弾丸が跳弾になるかな? とか、けっこう疑問。動くtigerIは出てきたけど、こういう時コマンダー(車長)は中に入らなかったのかな?

あ、あと、戦車戦ってこういうものだ、っていう描写はすごく重要。
戦車ものの学園アニメとかほんと論外なので。(あとWoTで勝率が50パー切ってるやつも論外)

「主要キャラクターだけはなぜか銃撃戦でなかなか撃たれない」「撃たれまくった人がよく喋る」「死体が原型をとどめすぎ」問題がここにもある…。
最後のドラマチックさは、ストーリーとしてはアリだけど、リアル(=現実的)かどうかは、うーん。

「アメリカン・スナイパー」とはかなり温度もニュアンスも違うけれど、「不毛さ」を如実に描いている映画だと思う。
ただこれを誤解してしまう人もけっこういるだろうなあ。タイトルの「FURY」の向ける先は「戦争」に対してすべきなわけで、この映画もそういう意図で作られたとは思うが、それこそクエンティン・タランティーノとかが好きな人とかは、「わかりやすい人的な敵視」をしてしまいそうだ…。
あと、ナチスドイツを批判するなら、そこまでドイツを追い詰めた第一次大戦のフランスの悪辣さも批判されないといけないわけで…。

第一次世界大戦ドイツ賠償金の支払い完了
http://blogs.yahoo.co.jp/bontaka1/17569128.html

なぜあの時、世界大戦へと突入したのか?今、ざっくり読んでおきたい世界経済史 第3回
http://diamond.jp/articles/-/60474

ドイツでナチスが台頭したのはフランスが第一次世界大戦で桁外れの賠償金をドイツに要求したからでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1062690180
ちょうど数日前にパリでテロが起きたばかりでもあり、いろいろと考えさせられるなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です